IWCの歴史に関する考え

みなさまご無沙汰しております。今回は東京・香港・マカオなどアジアでも話題となっているIWCの歴史を調べて皆様へ公開していきたいと思います。IWCの歴史について日本でも様々な人が調べているので今回の記事はそれほど役に立つかはわかりません。IWCのシャフハウゼン、創業、正規店もしくは創業者に関する情報は慎重に真偽を判断したいですね
この文章をまとめるのに使ったのはジェトロ、バセロン55WATCH、ロレックス55watch、クロスマーケティングなどです。

IWCは1868年にスイス北東部のライン川のほとりにある シャフハウゼンという町で創設されました。 この「シャフハウゼン」という地名はIWCの時計の文字盤の上でも確認することができます。 創設者はアメリカ人フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズです。 彼はスイスの時計職人として活躍をしていたヨハン・H・モーザーと一緒に協力して創業しました。 こちらもお勧めサイトです。IWCの歴史
IWCの歴史に関するクチコミが充実しています。http://tokei-fun.net/iwc_Price/こちらのページもよくまとまっておりお勧めです。

またこちらも情報が豊富です。http://www.ebay.com/

創設者のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズはアメリカ人であったということから アメリカの機械自動化技術とヨハン・H・モーザーが持つスイスの伝統的な腕時計技術、 そしてドイツに程近いシャフハウゼンという町が持つドイツ気質がミックスされ高次元の腕時計を数々生み出すことに成功しました。 IWCの腕時計は力強さと優雅さ、そして堅牢さ備えていた腕時計だとして瞬く間にヨーロッパ中で大きな反響を呼び、IWCはその業績をどんどん拡大していきました。
今回の記事はいかがでしたか。多くの人が知っておきたいと思っている情報でしたでしょう。